あなたのための闇金相談【間違っても手を出してはいけない金融業者】

一度くらいは名前を聞いたことのある「闇金」(闇金融)とは、法律に違反して高い利息で貸付をおこなう金融業者や、貸金業を営む場合に必要な「貸金業登録」をしないで貸金業を行っている違法行者をいいます。

 

これらの業者に手を出してしまうと、自分では解決できなくなる事も多く、最終的には弁護士や警察が介入して解決するしか方法はありませんので、業者を選ぶ時は慎重に選ぶ事が重要です。
詳しくは・・・闇金相談ヘルプデスク|ヤミ金被害の無料相談おすすめランキング

 

闇金とは法律無視の金融業者

出資法では、貸金業者が貸付を行う際の金利の上限は最大で年利20%と定められていて、それ以上の高金利で貸付を行う業者は厳しい刑事罰を受けることになります。
闇金は普通では融資が受けられない消費者を対象に法律無視の高金利で貸し出しをしています

 

また、貸金業を営む場合は、都道府県知事への登録が義務付けられていますが、闇金は無登録での営業や、他社の登録番号を使って営業しています。
そのため金利の多少を問わず、無登録で貸金業を行っている場合には闇金として刑事罰が科されます。

 

金融庁のホームページにある「登録貸金業者情報検索サービス」から正規の業者かどうかが調べられます
「登録番号」「所在地」「代表電話」「名称」などをもとに調べられますので、不審に思った時は検索して確かめましょう。

 

闇金と解っている業者は公表されている

闇金についての情報は、金融庁や日本貸金業協会などから情報が公表されていますので、怪しいと思った時は、面倒でも検索サービスや公表された情報を利用して確認してください。
もし、無登録業者であった場合は、たとえどんなに低い金利を提示していても、闇金と思ってまちがいありませんので絶対に連絡をとってはいけません。

 

また宣伝チラシや広告には、登録番号を記載している業者もありますが、聞いたことのない名前の業者の場合は必ず登録されているかどうかを調べてください

 

これが闇金の手口

闇金の勧誘方法や貸付方法には様々な手口がありますので、よく行われる手口をいくつか紹介してみます。

 

都イチ金融

最近はずいぶん少なくなりましたが、都イチ金融と呼ばれる闇金業者がいます。
貸金業登録を受けて、あたかも正規の業者であるかのように見せかけるのが手口で、そのため店舗を構え、看板を出して堂々と営業しています。

 

これらの多くは東京都知事の登録を受け、登録番号が「都(1)」で始まることが多いので、「都イチ」と呼ばれている闇金業者です。
都イチ金融は貸金業登録をしていますが、ほとんどが出資法の上限金利をはるかに超えた高金利で貸付を行っています。

 

また、契約書を作らない、もしくは契約書を出資法の範囲内であるかのように偽装しています。
やっかいなのは、都イチに限らず、貸金業登録をしている業者で闇金の場合があるので、登録業者だからといって合法な業者だと信用してはいけません

 

090金融

電柱などにチラシが張り付けられているのを見たことがあると思いますが、090金融とは、勧誘のチラシなどに業者名と携帯電話の番号だけしか載せず、貸付は振込によって行う闇金業者の事です

 

多くの場合、1万円〜10万円程度の少額融資で、1週間から1ヵ月程度の短期融資で貸付をしています。
チラシには、「50万円まで即日融資」「ブラックの方もOK」などと宣伝し、低い金利を示して誘ってきます。

 

090を信じて融資の申込をすると、「最初は3万円までしか貸せない」とか「信用度をみたい」などの理由をつけて、高金利で短期の貸付を行います。
勧誘方法は、チラシだけでなく、名簿業者や同業者から名簿を取得した闇金業者が直接勧誘の電話を掛けてくる事もあります

 

システム金融

システム金融とは、主に事業者向けで、運転資金などの事業資金の貸付を手形や小切手などを担保にして行う闇金です。
貸付けた金額に法定外の利息を乗せた金額の手形や小切手を発行させ、不渡りをおそれる事業者の心理をうまく利用して高金利を支払わせるという手口です。

 

勧誘方法は、多くの場合、事業者に直接、電話やFAXを入れて誘います。
システム金融の特徴は、単独業者でなくいくつかの闇金がグループになり、組織的に融資を行う場合が多いです。

 

たとえば、ある業者が融資を行い、その業者が別の業者を紹介したり、見計らったように返済日が近づくと別の業者が勧誘の電話をかけてきて、新たな融資を行わせます。
このような業者に引っかかるとあっという間に借金が膨らんでしまいます。

 

まだまだある闇金の手口

上記の闇金融の手口はほんの一部で、ほかにも闇金業者や詐欺業者による手口はいくらでもあります。
たとえば、普通に融資を受けられる人を闇金に紹介し、法外な紹介料を請求する「紹介屋」、債務を一本化するといって手数料をだまし取る「整理屋」、クレジットカードのショッピング枠を利用た「換金業者」などが挙げられます。

 

この以外にも闇金や詐欺業者の手口はいくらでもあります。
ただ、闇金などの違法業者から請求があっても、法律上は支払や返済する義務はないので、もし闇金被害にあってしまった方は、少しでも早く警察や弁護士に相談しましょう